土曜日のアフィリエイトブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Nスペ「2011ニッポンの生きる道」

<<   作成日時 : 2011/01/02 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

箱根駅伝時間差観戦しつつ合間に鑑賞。ハイテク中小企業に未来ありと下記コピペさせて頂いた。

景気に対しては大きな誤解があると言う。
データによると、過去の好景気時でもものは売れず景気とは無関係だった。売れない原因はものを買わない質素倹約の高齢者比率が大きくなったからだ。
しかし、米国では一番の購買層は高齢者だ。米国の高齢者は彼らの親の世代が質素倹約して財産を残して死んだことへの反省があり、生きている内にせっせと消費して生活を楽しもうとする。
日本の高齢者は質素倹約してお金を残した米国高齢者の親世代に相当する。だから、日本の二代目が高齢化する頃に消費は回復する。

ものが売れないもう一つの原因は若者たちの低収入にある。
日本の労働者は世界一保護された正社員と先進国中最低待遇の非正規社員で構成されている。正社員は辞めさせられない代償として、経営が悪化すれば賃金カットを求められる。しかし、労働者収入が減ればものは売れない。
対策は失業者のセーフティーネットを強化して、硬直化した労働者保護の規制を緩め、労働者の流動性を高めること。その結果企業環境は改善され、若者の収入が増え購買力は増す。
http://m4s.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/201111-bb5b.html


●「デフレの正体」〜経済は「人口の波」で動く〜 (角川oneテーマ21) 藻谷 浩介
こちらの著書及び講演の中で藻谷氏は「生産年齢人口」(15歳(20歳)以上〜65歳未満)の減少による「内需縮小」がデフレの正体だと述べられています。
この主張には否定的な意見もあるようですが、大いに参考になるところがありますし、決して無視できないデータや考え方が詰まっていると感じます。個人的にはちょっと絶望的な気がしないでもないですが、氏の「空気を読む前にデータ(数値)を読め」という主張は決して否定できるものではないと思います。
http://blog.canpan.info/tetsu/archive/733
デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
藻谷 浩介


Amazonアソシエイト by デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nスペ「2011ニッポンの生きる道」 土曜日のアフィリエイトブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる