土曜日のアフィリエイトブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本ブランドを創って高利少売で儲けよ(藻谷浩介)

<<   作成日時 : 2011/01/02 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Nスペの続き。大紅栄というリンゴが一個二千円(現地価格を日本円換算で)で売れてるのがそのお手本。以下、検索発見した記事(番組内容全体が要約されている)コピペ。

2)青森県のりんご 弘前青菓市場
     価格が20〜30%低下した 人口の波による消費者が減少

     大紅栄という品種は価格が維持できている。次世代の品種が地元で開発
     (中国市場で別の市場開発が広がる 大紅栄 148元=2000円)
     海外の新しいブランドとして成長 中国上海では富裕層から中間層にも広がる
     ・赤い色は中国では縁起を担ぐ色であること
     ・安全・安心の食品が新たなブランドを形成する
     ・栽培方法を改良して南北に枝を張ることで太陽の光を吸収して色が赤色になる
     ・クローバの土壌は栄養分がある

    ブランドの育成

      高級新潟爪きり、大阪の自転車 四国のタオル 富士吉田のネクタイ

    中間層を攻める前に富裕層をまず抑える
      中間層は価格的に追従される可能性がある

    安い製品は、アジアなどはWebで検索できて、新興国の追従をゆるされる
      本来中国は競争相手ではない最終的にはヨーロッパとの競争とみるべき

    戦略的に他が追従できない戦術が必要である

    アメリカの高齢層は2代目で子孫に美田を残さない
      日本の団塊世代は1代目で子や孫に残すので貯蓄・資産を残すので消費は少ない
http://blog.hangame.co.jp/B0000096126/article/33653706
リンゴ追分・これくしょん
コロムビアミュージックエンタテインメント
2005-06-24
オムニバス


Amazonアソシエイト by リンゴ追分・これくしょん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本ブランドを創って高利少売で儲けよ(藻谷浩介) 土曜日のアフィリエイトブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる