土曜日のアフィリエイトブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 実盛物語

<<   作成日時 : 2011/01/27 08:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

斎藤別当実盛:片岡仁左衛門
   九郎助娘小万:片岡秀太郎 
   倅太郎吉:片岡千之助
   御台葵御前:片岡孝太郎
   瀬尾十郎兼氏:市川左團次  

なんでかわからんが左團次がカッコイイ。品はあんまりないけど。

三代目市川左團次の長男として生まれる。ただし自著『俺が噂の左團次だ』では母は祇園の芸妓で、自身は三代目の贔屓筋が実父と述べている。

基本的に見どころは、実盛のかっこよさに尽きます。
悪役の瀬尾を弁舌さわやかにやりこめたり、華やかな身振りつきで小万の腕が切られた事情を語ったり、
子供相手の細やかな優しさも見逃せない部分です。
あとは、こういった「時代物」はもちろん「武将の物語」なわけですが、このお芝居は、なんとなく「下々の世界観」みたいのがかいま見えて、 それが独特の雰囲気を作っているように思います。
古い百姓家が、ただの舞台背景でなく、当時の生活がかいま見えるというか。
それが、鎌倉幕府もまだない時代、平安後期の、ほの暗い死生観を感じさせて、この後の源平の戦で戦って死んでいく武将たちの存在にリアリティーを与えているように思います。
まあ実盛のかっこいいのを見て、子供がかわいいので楽しんで、それで終わり、でオッケーですよ。
この瀬尾十郎は、実在した「瀬尾太郎兼安(せのおたろう かねやす)」がモデルです。「俊寛」にも出てきます。源平ものの作品群では悪役の定番キャラですが、
実際はすごい忠臣です。
倶利伽藍の戦で負けて捕虜になっても策を弄して逃げ出し、
最後の一人まになるまで平家のために戦って死にます。かっこいいぞ。
岩波文庫の「平家物語」だと、三巻のまんなかへんの「瀬尾最後」っていう部分です。

俺が噂の左團次だ
ホーム社
市川 左團次


Amazonアソシエイト by 俺が噂の左團次だ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実盛物語 土曜日のアフィリエイトブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる