土曜日のアフィリエイトブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オペレッタ→ショスタコーヴィチとオッフエンバック

<<   作成日時 : 2011/01/30 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プレミアムシアター 喜歌劇「モスクワ、チェリョームシキ地区」「天国と地獄」
◇フランス国立リヨン歌劇場 喜歌劇「モスクワ、チェリョーム 
シキ地区」◇(前0:19)エクサン・プロバンス音楽祭2009
 喜歌劇「天国と地獄」ほか                 
                              
喜歌劇「モスクワ、チェリョームシキ地区」          
                   ショスタコーヴィチ作曲
▽全3幕                          
                              
                          【出演】
                     ロマン・ブルデンコ
                   クリスティナ・ダレツカ
                 アンドレイ・イリュシニコフ
                     エレナ・ガリツカヤ
                    オルガ・ペレチャツコ
                  ゲンナジー・ベズベンコフ
                      ナビル・スリマン
                  マリア・ゴルトセフスカヤ
                  ミカエル・ババジャニャン
                 アレクサンドル・ゲラシモフ
                              
           (合唱)フランス国立リヨン歌劇場合唱団
         (管弦楽)フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団
                 (指揮)キリル・カラビッツ
                              
                              
  〜フランス国立リヨン歌劇場で収録〜           
                              
                              
◇ (前0:19)                     
エクサン・プロバンス音楽祭2009 喜歌劇「天国と地獄」  
                    オッフェンバック作曲
▽全2幕                          
                              
                          【出演】
                    ポーリーヌ・クルタン
                     ジュリアン・ベール
                   マティアス・ヴィダール
                    ヴァンサン・デリオー
                      マリー・ゴートロ
                     ジェローム・ビリー
                     ポール・クレマジー
                  エマニュエル・ド・ネグリ
                    スーラ・パラシディス
                     マリー・カリニーヌ
                      エステル・カイケ
               サヴィーヌ・レヴォー・ダロンヌ
                              
          (合唱)エクサン・プロバンス音楽祭合唱団
             (管弦楽)カメラータ・ザルツブルク
              (指揮)アラン・アルティノグリュ
                              
【演出】イヴ・ボーヌスヌ                  
                              
  〜フランス エクサン・プロバンス 大司教館劇場で収録〜 

チェリョームシキ地区では新興住宅地の建設が着々と進んでいる。サーシャとその妻マーシャは自分達の家がないため、お互いのつてにそれぞれ居候という別居生活をなんとかしたいと思い、一緒に住める家を夢見る(第二曲「ワルツ」〜歌では「ダ・スビダーニャ!」が連発だ〜)。一方、ぷうたろうで女日照りのボリスは博物館で見つけた美しいガイドのリードチカに一目惚れ。そこへリードチカの父、セミョンが「なんてこった、アパートを追い出されちまったぞ」と青くなって登場。ところが、彼等は運良くチェリョームシキのアパートに入居できることに!(公団に当ったようなもんか?)セルゲイの運転する車で喜び勇んでモスクワ市街をアチラコチラへとハコ乗り状態の彼等(第一曲「モスクワを疾走」〜個人的には「爆走!莫斯科」としたいが)。ところがやっぱりどこにでもいるのが小悪党。行政担当官のドレベドニョフとその腰巾着バラバシキンはなぜか鍵を渡してくれようとしない。さらに、ドレベドニョフの4番目の若妻(なんて羨ましいやつ!)ヴァヴァは、ボリスのかつての恋人、という恋愛もののお得意パターン。ところでバブロフ親娘は何故かドアからではなくバルコニーから入ることに。どうやら「間取りがなんか違〜う!」。そう、ドレベドニョフはバブロフ家との壁をぶち抜いて、自分の家の間取りを倍にしようとしていたのだった!そのあと場面は、無事入居のサーシャとマーシャ夫妻と隣人達の楽し気な集まりや、リードチカに近付きたいボリスの場面となる(第三曲「ポルカ−ギャロップ」がいくつかの場面の寄せ集めで作られている)。さて、セルゲイとその彼女リューシャは皆の先頭にたってドレベドニョフとバラバシキンの悪巧みに立ち向かう「可哀想なリードチカ、独りぼっちで…」「何云ってるの、彼女の友達なら、ほらここの皆よ!」。一方、リードチカにぞっこんのボリスは「ほら、今の君には僕が必要なのさ!」(第四曲「バレエ」)。そして、カギを得るためにかつての恋人ヴァヴァに近付いて、ドレベドニョフと離婚させるべく画策する。リューシャに先導された住民達は美しい魔法の庭園をつくりあげ、最後にはバブロフ親娘は家の鍵を手にする。一時はヴァヴァとの仲を疑いボリスのことが信用できなかったリードチカもようやく自分の心に気がつく。そして全員の合唱でメデタシメデタシ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペレッタ→ショスタコーヴィチとオッフエンバック 土曜日のアフィリエイトブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる