土曜日のアフィリエイトブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩崎宏美万感!プラハ酔わせた35周年公演

<<   作成日時 : 2011/01/30 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドボルザークホール公演は悲願だった。07年4月に同所でチェコ・フィルとアルバム「PRAHA」をレコーディング。円熟した歌声と絶妙に絡み合うオーケストラのダイナミズムに、「魂が震えて世界中の音楽家が競い合ってきた空気を感じた」と感動。以来、同所での公演を夢見てきた。
 今年1月に宏美が務めるチェコ親善大使の任期延長調印式に出席するためプラハを訪れた際、同国最大級の「ポンテ音楽祭」を主催する指揮者、オールドリッヒ・ボルチェック氏と出会い、音楽で世界の架け橋を作るという思いが合致。同音楽祭の一環として節目の年に公演が実現した。宏美は「生かされて歌うことができていることを再認識しました」と念願の舞台に喜びをかみしめた。
 海外単独公演は1985年の香港、86年のエジプトに続き3度目で、実に24年ぶり。ボルチェック氏のタクトに合わせて、代表曲「ロマンス」「思秋期」など12曲を披露。重厚な音色と歌声を絶妙に絡み合わせた。
 10月にはプレッシャーから突発性難聴を患うなど体調を崩し、本格的な音合わせは2日間のみだったが、そんなことは微塵も感じさせなかった。「月見草」では、ハンドマイクを使わずにアカペラで歌うド迫力パフォーマンスでも魅せた。
 終演と同時に客席から「ブラボー」の声が次々と上がり、惜しみない拍手が渦巻いた。新たな一歩を踏み出した宏美は「35周年という道のりは、長かったのか短かったのか分かりません。ただ、これからも大好きな歌を1日でも長く歌っていけるよう頑張ります」と決意も新た。日本とチェコの架け橋をしっかりと築き上げた。(納村悦子)

PRAHA
テイチクエンタテインメント
2007-09-26
岩崎宏美


Amazonアソシエイト by PRAHA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩崎宏美万感!プラハ酔わせた35周年公演 土曜日のアフィリエイトブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる