土曜日のアフィリエイトブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたもアーティスト 仲道郁代のピアノ初心者にも弾けるショパン

<<   作成日時 : 2011/01/06 15:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2010年に生誕200年を迎えたショパン。いつかは弾きたいと、あこがれる人は多いが、原曲はテクニックがないと弾きこなせない。そこでショパンらしさを極力残しながら名曲を大胆に編曲。ピアノ初心者でも弾けるよう優しく、ていねいにレッスンする。講師は世界的なピアニスト・仲道郁代。生徒は長谷川初範。

第一回「雨だれ」視聴。やっぱり編曲してるんだ。そりゃそうだろうな。テキストを買って練習して年末納会隠し芸デビュー!?

初回の放送を聴いて、半分以上聴き続ける気をなくしたのだが、放送時間の中ほどに仲道郁代によるショパンの曲の分析や解説のコーナーがあり、見続けることとなった。

聴き続ける気を削がれたのは、課題曲としてレッスンした曲の何れも、余りにも簡単な「初心者向けアレンジ」によるものだったためである。
課題曲は4曲で、「前奏曲『雨だれ』」(変ニ長調Op.28-15)、「ノクターン第2番」(変ホ長調Op.9-2)、「軍隊ポロネーズ」(イ長調Op.40-1)、「前奏曲第7番」(イ長調Op.28-7)が取上げられたのだが、何れも全てハ長調に移調し!、「前奏曲第7番」を除き全て8小節分!しかやらなかったのである。

初心者向きのレッスンと謳ったこうした番組のよくやる手で、過去のNHK教育のこうした番組にも例があった。

しかし、移調して妙な音でやっているのを我慢すれば、ショパンらしさの片鱗は除かせる音のする編曲であったし、両手を使い和音も鳴らし、ペダルも使っていたので、まあマシなほうではあった。そして、仲道郁代が「ショパンらしく弾くコツ」を伝授する場面が必ずあったのも、それなりに参考にはなった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたもアーティスト 仲道郁代のピアノ初心者にも弾けるショパン 土曜日のアフィリエイトブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる