横浜市立大学版「白熱教室」のつまらなさ

学生のレベルがどうのこうのは置くとして、哲学的課題を中心に据えてないから面白くない。
正義、公正、平等とは何か。何が判断基準になるかなどを議論しないで、日本や世界のあるべき姿を論じようとすると身の回りの問題(ワークライフパランス、格差、ニートその他)に縮こまってしまうよ、NHKさん。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

YM
2011年01月04日 15:40
横浜市立大学の上村雄彦先生の授業ひどかった。1回で十分、個人の著作や主義の宣伝は授業でやってほしい。CSやケーブルテレビ等でのんびりやってほしい。NHKは公共放送なのだからちゃんと人選してほしい。千葉大の小林先生つながりで紹介していませんか?
土曜日
2011年01月04日 18:31
同感です。懲らないNHK、今度は千葉大小林先生で日本版放送するようです、次の日曜日。一応録画予約はしましたが。
土曜日
2011年01月05日 07:31
有難うございます。牧野さんの記事拝読しました。そちらでコメントさせて頂きます。
sato
2011年01月12日 11:15
ネットで上村雄彦先生をググるといろいろ出てきた。7、8年前が超怪しい。
>「地球平和公共ネットワーク」からは小林正弥と上村雄彦。上村の肩書は「10.7 ピース・ルネッサンス」共同実行委員長となっていた。
現在の「ピース・ルネッサンス」は盧在洙の関係者で占められ、(以下略)
http://maruyakism.blog43.fc2.com/blog-date-200812.html
出典「まるやきずむ(文中敬称略)」
土曜日
2011年01月21日 04:31
拝見しました。教科書的思考から離れる第一歩が横浜市立大学版だと希望的理解をしておきます。
2011年01月25日 09:48
ルンバ
2011年02月14日 16:49
要はサンデルハーバード白熱教室の対話式授業のブームを利用して、小林正弥教授と上村雄彦准教授の参加する「公共哲学ネットワーク」の理想を実現することだと思う。
上村准教授が昔幹部だった「ネットワーク地球村」、
どちらも環境と平和の実現を掲げているのですが、なぜか「スピリチュアル」、「ワールドシフト」、「マイトレーア」という言葉のブログに行き着きます。
もはや白熱教室の授業のできが悪かったというレベルではなくて、NHKを利用した何かの密教組織運動のような気がします。

この記事へのトラックバック