テーマ:芝居

中村富十郎

3:37起床。「富十郎さんをしのんで」吉右衛門出演。船弁慶、勧進帳など生前の舞台ダイジェスト、鏡獅子(舞踊)では眠り込んでしもうた。「芸にはおおらかさが必要」富十郎、「そのおおらかさは気品につながり人格から発するもの」と山田洋次。人生も芸の内なり花曇、おおらかとはいい言葉なり。 学校II [DVD]松竹ホームビデオ 2005-11-2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂州合邦辻 日生劇場

○日生劇場 十二月大歌舞伎 平成22年12月2日(木)~25日(土) 通し狂言 一、摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)  序 幕 住吉神社境内の場  二幕目 高安館の場      同庭先の場  三幕目 天王寺万代池の場  大 詰 合邦庵室の場  玉手御前 菊之助  羽曳野  時 蔵  奴入平  松 緑 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廓文章

近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)作の『夕霧阿波鳴門(ゆうぎりあわのなると)』の一場面を元に脚色した作品で、通称『吉田屋(よしだや)』とよばれます。 遊蕩の結果、親から勘当を受けた伊左衛門(いざえもん)は、みすぼらしい「紙衣(かみこ)」姿で、久しぶりに恋人夕霧(ゆうぎり)のいる吉田屋を訪ねます。夕霧は他の客の相手をした後、やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮世柄比翼稲妻

3:40起床。「浮世柄比翼稲妻」三津五郎、橋之助、福助。長屋に花魁道中がやって来たり隣りの部屋で刃傷沙汰が起こっているのに狭い長屋で気づかない脳天気色男など荒唐無稽享楽的お芝居。三津五郎の白塗りに対して橋之助は男らしい色黒化粧、福助の早変わり三役など、歌舞伎は演劇ではなく舞踊なり 御宿かわせみ〈新装版〉 (一) (文春文庫)文藝春秋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊賀越道中双六 沼津

十三世片岡仁左衛門という役者さんを私は観たことがありません。 でも、京都や大阪の3階席でお芝居を見ていると、周辺の大向こうさんがイロイロ教えてくれる、その話の中で一番登場する役者さんです。 強烈な印象を残し、今でも上方の歌舞伎ファンに愛される人。。。 我當さんの兵作は、貧しい身なりでよぼよぼのおじーちゃんだけど、優しさ・必死さ・気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実盛物語

斎藤別当実盛:片岡仁左衛門    九郎助娘小万:片岡秀太郎     倅太郎吉:片岡千之助    御台葵御前:片岡孝太郎    瀬尾十郎兼氏:市川左團次   なんでかわからんが左團次がカッコイイ。品はあんまりないけど。 三代目市川左團次の長男として生まれる。ただし自著『俺が噂の左團次だ』では母は祇園の芸妓で、自身は三代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK DVD 熱演・熱唱!都はるみの魅力

第一部 浪花恋しぐれ - 日本一の恋女房 - 芸の為なら女房も泣かす…上方落語界の大スター桂春団治の破天荒な人生を陰で支えた女を描く。 派手な女遊びや金使いに泣かされながらもひたすら夫の芸のために尽くす健気な女房おはま役を都はるみが熱演。 桂春団治役には、大衆演劇のスター大川良太郎を抜擢。上方の色男らしいはんなりとした色香と愛嬌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カエサル――『ローマ人の物語』より」

本作は塩野七生の『ローマ人の物語』の初舞台化として、古代ローマの興亡を描いた大長編シリーズの中から、英雄であり世界史に名を残す、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の生涯に焦点を当て、壮大なスケールで描き出す。会見では、主演の松本幸四郎、小澤征悦、瑳川哲郎、水野美紀、渡辺いっけい、高橋惠子、脚本の齋藤雅文、演出の栗山民也、松竹株式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越路吹雪物語

事実、03年2月の初演から、再演を重ね、今回で4回目の上演となる大ヒット作なのだ。越路を公私に渡って支えた作詞家の岩谷時子が書いた伝記を原作に、越路のヒット曲や当たり役の名シーンをふんだんに盛り込んだ作品は完成度が高く、また、出演者のハマリぶりが人気の理由。越路を演じる池畑慎之介の見た目、歌い方、身のこなしの瓜二つぶり、岩谷時子を演じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more