テーマ:美術

福田繁雄

ランチはヘルメットをかぶって・・・ 福田繁雄のトリックアート・トリップ毎日新聞社 福田 繁雄 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌川広重 『近江八景』

何事もながらながらの春の暮 #jhaiku #fhaiku #haiku BS新日本風土記「琵琶湖」を見ながらCDの整理。「鎖あけて月差し入れよ浮御堂」芭蕉、歌川広重 『近江八景』など俳句と絵画のお勉強になる番組。 広重と歩こう東海道五十三次 (アートセレクション)小学館 安村 敏信 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極上美の饗宴 シリーズ美女第3回▽クールな横顔ポーズの謎 サージェント マダムX

シリーズ美女・第3回は、19世紀のパリで活躍したサージェントの名画「マダムX」。黒いドレスに身を包んだ横顔美女は、ハリウッド女優がそのスタイルをまねるなど、現代の女性たちからも人気を集めている。この絵の謎は、不自然なポーズ。なにげなく立っているように見えて、実は体や腕が大きくねじられている。このポーズに込められた画家の思いとは? 日本舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極上美の饗宴 シリーズ美女第2回「不可思議なプロポーションの謎 ボッティチェリ」

15世紀、イタリアルネサンスを代表する名画、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」。一糸まとわぬ姿で貝殻の上に立つ女神ヴィーナスは、なぜ人々を、とりこにするのか? NHKの「新・三銃士」で人形デザインを担当した画家・井上文太さんが、立体像を作りながら、その秘密を探る。着目したのは、驚きのプロポーション。なんと9頭身! 加えて長い手足、極端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にっぽん心の仏像100選(後編)

にっぽん心の仏像100選(後編)http://bit.ly/hBZzmn 前編が高名な仏像が多かったのに対して後編は知られざる仏が主体。信仰は①現世利益(受験祈願、創価学会)②魂救済(ニーチェの言う超人→悟り・往生)に加えて③伝統・共同体維持結束(天皇教)のためでもあると思った。 にっぽん 心の仏像100選〈上〉やすらぎの仏日本放送出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太郎と敏子~瀬戸内寂聴が語る究極の愛~

「究極」に惹かれて鑑賞なう。 生誕100年を迎えた芸術家・岡本太郎。「太陽の塔」「明日の神話」など、独創的な作品を次々と発表してきた。これらの作品は、いかにして生まれたのか。秘密を解き明かす大量の資料が発見された。生涯のパートナーであった岡本敏子が、保管していたものだ。デッサン、往復書簡、敏子がつづった日記など、一級品のもの。太郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイビジョン特集「秘宝公開 驚異の仏画 五百羅漢図」

幕末の天才絵師、狩野一信が描いた百幅の巨大な掛け軸「五百羅漢図」。東京・増上寺に 秘宝として眠り続けた名画が初公開。(出演)余貴美子、桂歌丸 一信は文化12年(1815)に江戸本所林町(現東京都墨田区立川)の骨董商の家に生まれ、通称を豊次郎といった。 後に逸見舎人という人物の娘やす(のちの妙安)の婿となり、逸見を名乗った。 生来、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートサスペンス バチカンシークレット「ミケランジェロのなぞを解け」

カトリックの中枢バチカンにあるシスティーナ礼拝堂。15世紀、教皇ユリウス2世は、彫刻家の巨匠ミケランジェロに、巨大天井画を、礼拝堂に描くことを命ずる。しかし、そこに描かれたのは、伝統的なキリスト教絵画と異なる絵だった。しかも、キリストの教えとは異なるギリシア神話の巫女(みこ)やユダヤの預言者の姿まで描かれた。作品に込められたミケランジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリアス・ウフィツィ~ルネサンス美術の光と闇

ルネサンスの美の殿堂フィレンツェ・ウフィツィ美術館はヴェッキオ宮殿、ピッティ宮殿という2つの宮殿と1kmにおよぶ空中回廊で結ばれ,市中に足を踏み入れずに世界最高の美をたんのうできるという驚異的なプランで作られている。銀行業によって15-16世紀のフィレンツェに空前絶後の繁栄をもたらしたメディチ一族の男たちと、芸術家たちにまつわる謎を解き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のブリューゲル

何度も再放送されているようだが(俺にも鑑賞の記憶あり)今回、次のようなことが印象的だったので記録しておくと共にDVD保存することにした。 1568年に描かれた「農民の婚宴」では、農民たちのありのままの旺盛な食欲が描かれています。同時代のルネサンス期に描かれた「カナの婚礼」では、料理に手をつけようとする人物は描かれておらず、理想化さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオナルド・ダ・ヴィンチ-驚異の技を解剖する @NHK日曜美術館

これは1月8日の日曜美術館。エンターテイメント風味付けの正月番組。「最近解明されたレオナルドの謎」という多少陳腐な触れ込みだが、それでも結構楽しめた。トピックスは次の3点である。 1.《白貂を抱く婦人の肖像》のマルチ・スペクトル・カメラ分析と原画復元 2.《最後の晩餐》の各聖人の台詞の推定 3.「スフマート技法=ミクロ点描画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイビジョン特集 天才画家の肖像「カラヴァッジョ~無頼が生んだ聖なる美~」

殺人を犯して死刑宣告を受け38歳で非業の死をとげた画家カラヴァッジョ。その無頼の生涯を辿り、画期的な明暗法で強烈な魅力を放つカラヴァッジョの絵を解き明かす。 カラヴァッジョ(本名:ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ)(1571年生~1610年没) かつてイタリアリラの最も高額な10万リラ札の肖像を飾り、今も不朽の巨匠と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしが噂のダリである/天才サルバドール・ダリの秘密

ダリは、なぜあれほど個性的な作品を生み出したのか。それは、彼の過去に大きく起因するようです。ダリは、自分の幼少時代を”世界一孤独な子”だったと表現しています。彼は生まれる10ヶ月前に亡くなった兄の名前サルバドールを受け継ぎ、育てられたそうなのですが、そのせいか父親はいつまでも亡くなった兄の面影を彼に見出し続けたようで、ダリは自分の存在に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more